PremierePRO編集前の設定(再生設定)について

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

PremierePRO再生設定手順。PremierePRO以上のバージョンは、マシンスペックに依存したアプリケーションですので、これをしないと非力なマシンではうまく再生できません。最近のマシンなら問題ありません。

PremierePRO編集前の設定(再生設定)

PremierePROで編集を行う前に、再生設定をしておく事をお勧めする。

PremierePROは推奨環境を見ても分かるとおり、使用するマシンの性能に依存するアプリケーションである為だ。

PremierePROの推奨環境

http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?224225+002

- Intel(R) Pentium(R) III 800MHz 以上のプロセッサ(Pentium 4 3 GHz 以上を推奨)
- Microsoft(R)Windows(R) XP 日本語版 Service Pack 1
- 256MB 以上のRAM(1GB 以上を推奨)

となっているが、これはインストールできる最低の環境である。

重要なのは()内の部分である。

最低でも()内に記されている環境が満たされていないと満足な編集作業は出来ない。

悪く言えば、マシンスペック完全依存型のアプリケーションなのである。

PremierePROの再生設定

再生設定

モニタウインドウの右下にある出力マークをクリックする(赤矢印部分)

まずは下から2番目の自動選択にチェックが入っていることを確認する。

高画質にチェックが入っている場合は自動選択に入れなおすことをお勧めする。

次に一番下の再生設定をクリックする

.

再生設定-2

左のような画面が現れる(DV再生設定)

各設定を好みで設定を変える。

■ ビデオ設定

タイムライン上で操作した時の映像、もしくはモニタウインドウに配置した映像を、

iEEE1394でマシンと接続した機器(DVカメラやDVデッキなど)に出力する設定。

DVカメラやDVデッキなどをマシンに接続していない時はチェックを入れる必要は無い。

チェックを外した時は、オーディオ再生・リアルタイム再生の項目は選択不可になる

■ オーディオ再生

タイムラインに配置した音声、もしくはモニタウインドウに配置したクリップの音声を

iEEE1394でマシンと接続した機器(DVカメラやDVデッキなど)に出力する設定。

オーディオをDV機器で再生させるかPCで再生させるかの設定項目がある。

PCで再生させると、それなりにPCに負担が掛かる。

■ リアルタイム再生8

タイムラインに配置、もしくはモニタウインドウに配置したクリップを、

iEEE1394でマシンと接続した機器(DVカメラやDVデッキなど)にリアルタイムで出力する設定。

クリップをDV機器で再生させるかPCで再生させるか、両方で再生させるかの3つの設定項目がある。

PC、もしくはPCとDV機器の両方で再生させると、それなりにマシンにそれなりの負担が掛かる。

ここでの設定はDV機器のみにしているが、それはTVモニターで確認しているためである。

(PC画面の映像は当てにならない為)

■ テープへ書き出し

iEEE1394接続のDV機器にテープ出力時に、PCとDV機器どちらで再生させるかの設定。

PCのみ・DV機器のみ・PCとDV機器両方の3つの設定項目がある。

当然PC、もしくは両方の設定にすると、マシンにそれなりの負担が掛かる。

■ デスクトップ表示モード

GDIとDirect3Dの設定がある。

Direct3Dはマシンによっては設定できない場合がある。

これはマシンに搭載しているグラフィックボードの性能によるもので、

性能の低いグラフィックやVGAオンボードのマザーボードなどでは使用できない。

その場合Direct3Dにチェックを入れても、自動的にGDIに変更される。

余計なトラブルを避けるためにも、PCへの負担はなるべくかけないような設定にすることをお勧めする。

また、PremierePROは直ぐにトラブルが起きるとか言う声もたまに聞くことがあるが、

トラブルを起こしてしまうならそれが起きないような設定にして使うべきであると思う。

高い金額を出して購入したのに、

付いている機能がマシンのスペックに依存しすぎていて全て使えない

と言うもどかしさも分かる気がするが...(苦笑)

ただ、このアプリケーションがどんな性質の物かをある程度理解して使えば致命的なトラブルは起きないはずである。

作品作りと言う物は、エラーを出すことではなく迅速に作品を仕上げる事なのである。


PremierePRO編集前の設定(再生設定)に関連したエントリー
Premiereでコマ落ちが酷くなる原因と緊急対策手順

PremiereやAfterEffectsでDivxやXviD、Mpeg2などのビデオファイルを読み込みたい場合、それらのファイルに合わせたcodecをインストールしてある必要があります。

PremierePROでのフレーム書き出し手順です。フレーム書き出しとは、動画の1コマを静止画で出力することを言います。

PremierePROのアドビタイトルデザイナー(Adobe Title Designer)で作成したテロップにブラー効果を掛ける手順。

PremierePROのタイトルデザイナーで作成したテロップに動きを付ける手順です。動画の作成にあたり、テロップは重要な要素になります。場面に合わせた動きを付ける事で、作品の質感も変わります。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.