素材の準備(静止画素材)について

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

素材の準備についての説明。

素材の準備(静止画素材)

編集前に、まずは素材を準備します。

素材も色々で、静止画・動画、そしてその種類も沢山あります。

ここの例ではBGMに合わせたビデオの作成(A/F)を元にして説明します。

素材の準備

今回使用した静止画の素材はこの三つとビデオから静止画にした物全4つである。
(ビデオから静止画への加工は違う項目で説明する)

上の3つの説明

■ ①は一番頭にズームアップしてくるオープニングタイトル。

これは動画用にPhotoshopCSで加工したものであり、元の画像は 【 ia.come 】 管理人のMOWさん作である。

これをPhotoshopCSで画面解像度を NTSC DV 720 × 480(ガイド付き) と言うプリセットを使用して作成した。

PhotoshopのバージョンがCSよりも古いものを使用する場合、画面解像度は 720pixel × 534pixel で作成する。

ターゲットスコープ作成の項でも述べたが、通常のDVのフレームサイズは720×480 ピクセル縦横比 0.9 なので、そのサイズに合わせる為である。

■ ②と③は、これも 【 ia.come 】 管理人のMOWさんのBBSから持ってきたものを加工したものである。

この素材は .gif アニメーションでインデックスカラーのものである。

使用できるカラーモードはインデックスカラーとRGBのみなので素材のカラーモードには注意が必要である。

PremiereやAfterEffectsなどのノンリニア編集アプリケーションでは、

インデックスカラーとRGBカラー以外は使用できないのである。

CMYKなどの使用できないカラーモードのものは、Photoshop のイメージタブ中のモードより、

RGBカラーかインデックスカラーに変更して使用する。

素材の解像度(ファイルサイズ)

静止画の素材を扱う場合勘違いしがちなのが、解像度が高いほど画質が良いと思いがちな事。

物理的にはそうかもしれないが、最終的にTV画面やPCモニタ画面で見る用途を考えると、解像度はそんなに大きくしない方が良い。

と言うのも、TVやPCモニタの解像度と言うものは固定されているものであり、それ以上の画質のものを表示しようにも表示できないからである。

その事からも、静止画をポスターなどの印刷物にする場合に比べ、解像度は低くて問題ない。
むしろ出来るだけ解像度を下げてファイル容量を小さくし、作業効率を上げる事のほうを優先すべきである。

静止画素材の解像度の例として、最終出力を通常の4:3画面のTVモニターとするなら、
解像度は720×480(ピクセル縦横比0.9)で72pixel/inch程度の解像度で十分である。
モーションを適用して拡大するなら、720×480(ピクセル縦横比0.9)で150pixel/inch程度の解像度で大丈夫だと思う。

ハイビジョン対応TV画面を最終出力するとしても、1920×1080(正方形ピクセル)で100pixel/inch程度の解像度で良いのではないだろうか。

Web配信用ならば、72pixel/inch以上の画質は必要ない。重くなるだけ無いので。


素材の準備(静止画素材)に関連したエントリー
Premiereでコマ落ちが酷くなる原因と緊急対策手順

PremiereやAfterEffectsでDivxやXviD、Mpeg2などのビデオファイルを読み込みたい場合、それらのファイルに合わせたcodecをインストールしてある必要があります。

PremierePROでのフレーム書き出し手順です。フレーム書き出しとは、動画の1コマを静止画で出力することを言います。

PremierePROのアドビタイトルデザイナー(Adobe Title Designer)で作成したテロップにブラー効果を掛ける手順。

PremierePROのタイトルデザイナーで作成したテロップに動きを付ける手順です。動画の作成にあたり、テロップは重要な要素になります。場面に合わせた動きを付ける事で、作品の質感も変わります。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.