扱えるファイルの形式について

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

AfterEffects、Premiereで扱える形式やキャプチャーカードの説明です。

扱えるファイルの形式

Premiere、AfterEffectsで扱えるファイル形式の解説です。

AfterEffects、Premiere共にさまざまな形式のファイルが扱えます。

注意したいのがPremierePRO

こいつでQuickTimeムービー(.mov)を扱う場合は、マシンにQuickTimeがフルインストールされている必要があります。

カスタムインストールではだめです。QuickTimeがフルインストールされている事が条件です。

ちなみにPremierePRO1.5までのバージョンは、QuickTime7.xをインストールすると挙動がおかしくなる場合が有るので注意が必要です。

その他最新バージョン(PRO2.0以降)なら標準でHDV(ハイビジョン)形式も扱えますが、

それ以前のバージョンの場合はプラグインが必要になります。

PremierePRO1.5用HDV対応プラグイン(Adobe)

http://www.adobe.com/jp/support/downloads/premierepro151.html

動画編集用のアプリケーションで扱う動画ファイルは通常 .avi 形式です。

しかしながら同じ avi 形式でも様々な物があります。

codec と言われるもので、例えばDivX などで作成された avi は、マシンにDivX codecがインストールされていることが必要です。

ただ、PremiereではDivXやmovの編集はあまり向いていないようですので、標準のAVI2.0か、

サードパーティー製のキャプチャーカード付属のcodecを使用した方が良いでしょう。

canopusキャプチャーカード


これはCanopus製のキャプチャーカードで、HDV(16:9ハイビジョン)からSDV(通常の4:3ビデオ)まで幅広く扱えるカードです。

業務用としても人気の高いもので、Premiere用のビデオイン/アウトプラグイン、
After Effects 7.0/6.5 ビデオアウトプラグイン、
Adobe Photoshop CS2/CS ビデオアウトプラグインも用意されています。

正直、Premiereについている標準のHDVプラグインでは満足のいくHDV編集は不可能です。
ある程度で満足できるなら良いですが、妥協したくない方はこのキャプチャーカードをお勧めします。

この他、動画編集では静止画も多々扱います。って言うか絶対に使用します(笑)

A/FとPremiereで使用できる形式は、世の中に出ている殆どの静止画の形式が使用できます。

頻繁に使われる形式としては、

.jpg / .tiff / .bmp / .targa / .png / .gif

などが一般的でしょうか。

その他同じAdobe製品であるPhotoshopの .psd 形式や、Illustratorの .ai などもそのまま使用できます。

ただし、使用できるカラーモードはインデックスカラーとRGBのみです。

レイヤーとして使用できるので、静止画を扱うならPhotoshopやIllustrator画像は対へん便利で、編集の枠も広がります。

これから購入するなら、


この編集に必要なものがすべてパッケージングされている 【 ProductionStudio Premium日本語版(Windows用) 】
がお勧めです。

バンドル内容
AfterEffects 7.0 Professional、Premiere Pro 2.0、Encore DVD 2.0、Audition 2.0、Photoshop CS2、Illustrator CS2

様々な形式のものが扱えるので、初めての人にはちょっと敷居が高くなりがちですが、

用は自分はどんな作品を作りたいのかを明確にしていれば、自ずと扱う素材も決まってくるはずです。

最初からあれこれと頭でっかちになっていては出来るものも出来なくなってしまいますので、

これから作る作品に使用する素材を、PCに取り込む前に頭の中できちんと整理しておきましょう。


扱えるファイルの形式に関連したエントリー
Premiereでコマ落ちが酷くなる原因と緊急対策手順

PremiereやAfterEffectsでDivxやXviD、Mpeg2などのビデオファイルを読み込みたい場合、それらのファイルに合わせたcodecをインストールしてある必要があります。

PremierePROでのフレーム書き出し手順です。フレーム書き出しとは、動画の1コマを静止画で出力することを言います。

PremierePROのアドビタイトルデザイナー(Adobe Title Designer)で作成したテロップにブラー効果を掛ける手順。

PremierePROのタイトルデザイナーで作成したテロップに動きを付ける手順です。動画の作成にあたり、テロップは重要な要素になります。場面に合わせた動きを付ける事で、作品の質感も変わります。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.