ノンリニア編集マニュアル リファレンス・オブ・ノンリニア

IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順

IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順について

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

PremierePROによるバッチキャプチャーの手順。細かい編集の場合は、バッチキャプチャーで分割して取り込んだ方が後の作業効率が良い。

IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順

機器や保存先の設定が終わったらいよいよキャプチャを開始します。

テープを丸ごと1本取り込んでも良いが、作業効率が非常に悪ので、ここではバッチキャプチャの手順を説明します。
(舞台撮影やブライダルなどの尺の長いものは別だけど...)

バッチキャプチャとは、取り込みたい部分だけを選択し、分割したクリップとしてまとめて取り込む方法です。

バッチキャプチャー

バッチキャプチャーログ

■右上部のログと書かれているタブを展開しておきます。

■DV機器に素材となるテープ(キャプチャをするテープ)を挿入します。

■ログファイルの保存先を確認しておく。キャプチャ失敗時などにこのログを見る場合がある。
 とは言っても、Premiereのログは大した情報量は無いのであまり役に立たない...(汗)

■次にテープ名とクリップ名を入力しておきます。

テープ名は入れなくてもかまわないが、クリップ名は必ず入れたほうが良い。

  画面のように最初のクリップをKANAHA-001などにしておけば、次のクリップは自動的にKANAHA-002と連番になる。   また、もっと細かくしたいならクリップごとに名前を変え、説明やシーンナンバーなどを記入しておくと良いでしょう。

■画面下部にある、再生・早送り・巻き戻し・コマ送り・スライダーバーを使用してイン点を探します。

イン点とは、キャプチャを開始したい部分のことです。

イン点を決めたら、右のログタブ中にあるインを設定ボタンをクリックします。

再生ボタンが並んでいる左側にある { でも指定できます。

イン点を設定すると、右のログタブ中のタイムコード欄(赤枠の部分)にイン点のタイムコードが追加されます。

■インと同じ要領で今度はアウト点を探し出し、アウトを設定します。

再生ボタンが並んでいる左側にある } でも指定できます。

アウト点を設定すると、右のログタブ中のタイムコード欄(赤枠の部分)にアウト点のタイムコードが追加されます。

■インとアウトの設定が終わったら、右のログタブ中にあるログクリップ(赤枠の部分)ボタンをクリックします。

ログクリップ

■このような確認ウインドウが出るので、ファイル名やその他を確認したらOKをクリックします。

ここまでの動作を繰り返し行い、キャプチャしたい部分を全て選択しておきます。

インを決める ⇒ アウトを決める ⇒ ログクリップ ⇒クリップ名確認 ⇒ OK

と言う具合に挿入したテープにあるキャプチャしたい部分を全て選択します。

全ての選択が終わったらキャプチャー画面は閉じるか最小化しておきます。

バッチキャプチャーの実行

バッチキャプチャーの実行

プロジェクトウインドウ(デフォルトでは画面左上にあるウインドウ)を見ると、ログクリップにしたファイルが左画像のようになっているはずである。

この画面だと、シーケンス、KANAHA-001~003 までの4つのファイルがある状態になっている。

要するに3シーンだけをキャプチャすると言うことです。

シーケンスと書かれているファイルは、タイムラインのことだと思ってくれて良い。

この時点ではまだPCにはキャプチャされていないので、次の手順で作業します。

■バッチファイルを選択します。
選択の仕方は、一番上のファイルをクリックしたらキーボードの Shift キーを押しながら一番最後のファイルをクリックすることで任意のファイルを選択できます。
選択したい所が全て反転されればOKです。

■選択したバッチクリップを右クリックします。
ファイルのサムネール部分をクリックしないと選択解除されてしまうので注意してください。

■ダイアログが出てくるので、バッチキャプチャをクリックすします。

バッチキャプチャーウインドウ

■バッチキャプチャウインドウが出てくるので、このままOKします。

.

キャプチャーの開始

バッチキャプチャーの開始

■キャプチャーウインドウが立ち上がってきて、テープを挿入してくださいと聞いてくるので、テープの挿入確認をしたらOKをクリックします。

.

バッチキャプチャ開始

■バッチキャプチャが開始されます。

画面上部にキャプチャデュレーション(キャプチャした時間)やディスク残量などの詳細が出てきます。

ここでキャプチャデュレーションのカウンターが動いていない場合は、何らかの原因でキャプチャされていないので、デバイスやテープを確認してください。
まれにアンチウイルスソフトなどの常駐プログラムが邪魔をしてキャプチャーが開始されない場合があります。

動いていれば正常なのでそのままキャプチャー終了まで待ちます。

キャプチャ時、キーボードなどには触れないように注意してください。
途中でキャプチャーが停止する場合があります。

キャプチャー終了ダイアログ

キャプチャが終了すると左画像のように、バッチキャプチャが完了しましたと言うダイアログが出るのでOKをクリックします。
その後、キャプチャー画面は終了させます。

.

プロジェクトウインドウ

政情にキャプチャーが終了したら、プロジェクトウインドウで確認してみます。

キャプチャされる前と後では、サムネール画像が変わります。

この状態になって初めてテープからPCに素材が取り込めたことになります。

ここまで出来てはじめて編集作業に移行できます。

.


IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順に関連したエントリー
Premiereでコマ落ちが酷くなる原因と緊急対策手順

PremiereやAfterEffectsでDivxやXviD、Mpeg2などのビデオファイルを読み込みたい場合、それらのファイルに合わせたcodecをインストールしてある必要があります。

PremierePROでのフレーム書き出し手順です。フレーム書き出しとは、動画の1コマを静止画で出力することを言います。

PremierePROのアドビタイトルデザイナー(Adobe Title Designer)で作成したテロップにブラー効果を掛ける手順。

PremierePROのタイトルデザイナーで作成したテロップに動きを付ける手順です。動画の作成にあたり、テロップは重要な要素になります。場面に合わせた動きを付ける事で、作品の質感も変わります。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.