Windows Media Videoの書き出しについて

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

Premiere6.5によるウインドウズメディアビデオ(WindowsMediaVideo・wmv)の書き出し手順です。最新のMacOSではウインドウズメディアビデオをサポートしなくなりましたが、ファイルが小さくなるので需要はまだあるみたいです。

Windows Media Videoの書き出し

ウインドウズメディアビデオ(WindowsMediaVideo・wmv)の書き出し手順です。

近年では殆どのOS、ブラウザに対応できるフラッシュ(swf・flv)が主流になってきましたが、Windowsユーザーには未だウインドウズメディアビデオの人気が高いようです。

Windows Media Encoderでのwmvビデオファイル書き出し

Windows Media Encoder

Webコンテンツ用に、WMV形式のファイルに書き出します。

Premiere6.5には「Windows Media Encoder」が付いているのでこれを利用し書き出します。

ファイルタブ⇒タイムラインを書き出し⇒Windows Media Encoderの順にクリックすると上記のウインドウが表示されます。

タイトル(Title:)、保存先(Destination:)
を選択したら書き出すファイルサイズを選択します。

「Profiles」の項目にWebコンテンツ用のプリセットが用意されています。

今回は500×340で書き出したいので、「Custom...」 を選択し、好みのサイズに変更します。

.

Windows Media Encoder


「Custom...」をクリックすると、「Manege Plofilesウインドウ」が表示されます。

ここで「New」をクリックします。

(この画面ではあらかじめ「500_340」を作成してあるが、通常はName内にこの項目は無い)

.

Windows Media Encoder

New Plofileウインドウが表示されるので、「Name of profile」の項目に自分で分かるような名前をつけ「次へ」をクリックします。

.

Windows Media Encoder


ここではビットレートの設定になります。

今回はプリセットの1Mbpsを選択したが、プリセットに好みのビットレートが無い場合は、「New」で作成できます。

.

Windows Media Encoder圧縮サイズの設定

ここでは、オーディオとビデオの圧縮形式、サイズを選択をします。

Audio CodecWindowsMediaAudio9を選択。

これは、PCにWindowsMediaPlayer9以上がインストールされていることが必須です。

Premiere6.5付属の「WindowsMediaEncoder」のデフォルトはMedia8までの対応だが、Media9で書き出したいのならMicrosoftのサイトより、

Media9Encoder for Adobe Premiere6.5(β版)

を入手してインストールすればOKです。

このPluginはAdobeのサポート外となり、しかも英語版のみなので、ある程度の知識があ方以外は使わないほうが良いと思います。

ちなみにここでWindows Media Encoder8で書き出している理由は、このファイルをUPした時点で、Media9がMacOSに対応していなかった為である。

オーディオコーデックを選択したら、ビデオコーデックを、「WindowsMediaVideo8」を選択し、ビデオサイズはデフォルト値に無いので、「Custom」を選択する。

Windows Media Encoderサイズの設定

続いてサイズの設定を行い「OK」をクリック

.

Windows Media Encoderサイズの設定

OKをクリックすると元の画面に戻るので、「完了」をクリックする。

.

Windows Media Encoderプリセット

完了をクリックすると 「ManageProfileウインドウ」 に戻るので、「Name」内に作成したプリセットが出来ている事を確認したら、「Close」をクリックし、カスタムプロフィール作成画面を終了する。

.

Windows Media Encoderでの書き出し

Encoder画面に戻り、「Profiles」画面内に先ほど作成したプロフィールが出来ているはずなのでそれを選択。

「OK」をクリックし書き出しする。

.

Windows Media Encoder書き出し終了

Encoder画面でOKをするとPremiere編集画面に戻り、「書き出し中」インジケーターが現れます。

書き出しに掛かるおおよその時間が表示されるので目安とすればよいでしょう。
(あくまでも目安!)

以上でwmv書き出しまでの全ての作業が終了です。

.


Windows Media Videoの書き出しに関連したエントリー
Premiere6.5によるウインドウズメディアビデオ(WindowsMediaVideo・wmv)の書き出し手順です。最新のMacOSではウインドウズメディアビデオをサポートしなくなりましたが、ファイルが小さくなるので需要はまだあるみたいです。

Premiere6.5での動画の書き出しと、書き出し範囲を決めるワークエリアの説明です。

本編の編集は、ここまでのオープニングの作成が出来れば簡単に出来るはずです。インサート・カット・効果などを効果的に、しかも入れすぎないように編集するのが見やすい編集のコツです。

Premiere6.5での編集手順で、映像の最後を白いフェードアウトで終わらせる手準になります。

3枚のテロップを使用したモーション設定の手順です。それぞれのテロップを別々の動きにした設定です。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.