ノンリニア編集マニュアル リファレンス・オブ・ノンリニア

Premiere6.5を使った編集手順・編集テクニック

Premiere6.5に関する記事

もう古くなってしまいましたが、Premiere6.5でも使いこなせば最新バージョンと変わらない編集が可能です。ステージ物やブライダル程度の業務で編集に使用するなら、このバージョンでも全く問題ありません。スペックの低いマシンならPremiere6.5までがお勧め。ただしHD編集はプラグインやハードウエアレンダリングエンジン(キャプチャーカードなど)を入れないと不可能です。

Premiere6.5操作パネルの名称

もう古くなってしまったバージョンの6.5であるが、ちょっとした編集にはこのバージョンでも十分に使えるものである。

また、ノンリニア編集初心者には解りやすいのではないだろうか。

そんなわけで、ここではPremiere6.5の主な操作パネルの名称を記します。

.

Premiere6.5の起動

プレミア6.5を起動すると、プロジェクト設定の読み込み画面が出るので、ここでプロジェクトの初期設定を行う必要がある。

プロジェクトの初期設定は、出力するファイル形式に合わせる必要があります。

DV編集を行うのであればその設定に、Wev動画を作成するにはそれの設定に合わせます。

.

カラーマットの挿入(白マット)

仕上がった動画が再生する際、いきなり画像が再生されるとカッコ悪いので、白からフェードインさせ用と思います、

白い画像を用意しても良いですが、ファイルサイズが大きくなり動作が重くなるので、カラーマットを配置する手順を説明します。

.

音声(BGM)の編集

Premiere6.5では音声ファイルをCDや他メディアから直接読み込むことは出来ません。

あらかじめHDDにファイルとして、他のアプリケーションで取り込んでおきます。

Premiere6.5で使用できる形式は、AIFF・WAV・WMA・MP3 ですので、そのファイル形式に変換してHDD(ハードディスク)に取り込んでおきます。

.

オーディオの書き出し

尺の長い曲やオリジナルの効果音などをPremiereで作成して書き出す手順になります。

効果音などはオーディオファイル専用のアプリケーションのほうが操作はしやすいですが、尺を短くするだけならPremiereでも十分に行えます。

オーディオファイルの編集手順は音声(BGM)の編集を参考にしてください。

.

素材の読み込みとタイムラインへの配置手順

音声素材、動画(ムービークリップ)や、その他編集に使用する素材の読み込み方とタイムラインへの配置手順を、

Premiere6.5操作パネルの名称に掲載した動画を元に順を追って説明します。

.

ラバーバンドとトランジションの使用手順

基本的な編集でよく使われる、ラバーバンドとトランジションの使い方です。

ラバーバンドとは、オーディオやビデオクリップに適用する、フェーダーのような役割をします。
言葉通り、ゴムバンドのようにマウスで引っ張るような操作をします。

トランジションとは、場面転換をするときに映像の変わり目に入れる効果の事です。
ディゾルブやワイプなどの事です。

.

Photoshopで作成したテロップの挿入と合成

Premiereのタイトルデザイナーでもテロップは作成できますが、ここではPhotoshopで作成したファイルを読み込み、合成させる手順の解説になります。

好みでどちらを使用しても良いと思います。

ちなみにPhotoshopで作成した方が、凝った物が作成できます。

.

テロップの効果(ブラー)

前項のPhotoshopで作成したテロップの挿入と合成では、タイトルのフェードイン・フェードアウトの説明をしたが、
テロップがただ出てくるだけではちょっとつまらないので、効果を適用する。

今回の例で適用する効果は、ブラー(ガウス)である。

ブラー(Blur)とはぼやけと言う意味で、文字通りこの効果を適用するとぼやけることになる。

ぼやけた状態から、だんだんピントが合って来るような効果の適用手順になります。

.

モーションの適用

モーションとは名前の通り、クリップに動きを付けることです。

ここでは、テロップの効果(ブラー)に引き続き、テロップに動きを付ける設定手順を解説します。

タイトルが少しずつズームインしてくるような動きを付けます。

.

モーション 回転の適用

Premiere6.5のモーションを使って、クリップを回転させる手順です。

今回の例では、テロップを回転させています。

ムービークリップ、静止画、タイトルに適用可能ですので、応用すれば色々な効果として使用できます。

.

ビデオトラックの追加

Premiere6.5のタイムラインにトラックを追加する手順です。

トラックは、オーディオトラック、ビデオトラックがあり、追加する手順は両方同じです。

通常のカット編集程度ならデフォルトのままでも問題ありませんが、ちょっと複雑な編集や合成をしようとした時は、デフォルトのままではトラックが足りなくなります。

.

モーション設定-その2

モーションの適用の応用編です。

例では、3つのテロップ素材をタイムラインの同じ時系列に配置し、それぞれに違う動きを付けています。

.

モーション設定-その3

モーション設定-その2の続きです。

テロップ(タイトル)にモーションを適用する手順になります。

.

モーション設定-その4

モーション設定-その3の続きです。

一番上になるテロップのモーション設定です。

.

フェードアウト(白フェード)

モーション設定-その4の続きです。

ここまでPremiere6.5による、BGMにあわせたビデオの編集手順を記して来ましたが、ビデオの最後を、白フェードアウトで終わらせようと思います。

その手順を説明します。

.

本編の編集

オープニングを作り終わったら、いよいよ本編の編集に入るわけですが、Premiere6.5の操作手順の殆どはオープニングの作成が出来れば簡単に行えるはずです。

必要な動画を読み出したらタイムラインに配置をし、テロップ・効果・トランジションを好みに応じ適用すればよいだけです。

.

ワークエリアとレンダリング

編集作業が終わったら、最後はビデオファイル(ムービーファイル)を作成します。

って言うか、ビデオファイルを作成しなきゃ編集した意味が無いですよね(笑)

と言うわけで、書き出し手順と書き出し範囲のことを説明します。

.

Windows Media Videoの書き出し

ウインドウズメディアビデオ(WindowsMediaVideo・wmv)の書き出し手順です。

近年では殆どのOS、ブラウザに対応できるフラッシュ(swf・flv)が主流になってきましたが、Windowsユーザーには未だウインドウズメディアビデオの人気が高いようです。

.


このページのトップへ

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.