ペンツールを使用した画像の切り抜きについて

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

フォトショップのpenツール(penツール)を用いた、背景の切り抜き方法です。ビデオ編集では多く用いられるテクニックになります。

ペンツールを使用した画像の切り抜き

ペンツールでの画像の切り抜き方法です。

主に、人物や被写体の背景を切り抜くときなどに使用します。

切り抜いた被写体の背景を合成したり、色を変えたりと用途かなりあります。

ビデオ編集では頻繁に使う技法なのでマスターしておくと良いでしょう。

また、Premiereなどで静止画出力したものなどは、あらかじめインターレース解除をしておいた方が良いです。

ちなみにPremiereやA/F(アフターエフェクツ)で使用できる静止画は、RGBカラーのbmp gif tiff targa png ico psd ai epsなどです。

penツールの使用手順

penツール

1.■ Premiereなどで静止画出力したもの、または使用したい静止画をPhotoshopに読み込み、使用目的によりインターレース解除をしておきます。

2.■ツールパレットからpenツールを選択します。

.

レイヤーパレット

3.■レイヤーパレットの不透明度を0にしておきます。

これをしておかないとパスを書いたときに背景色で塗りつぶされて作業がし辛いです。

.

パスを書く

4.■マウスで切り抜きたい部分に沿ってパスを書いていきます。

マウスの左クリックでパスのポイントが追加されます。

直線的な部分はある程度大胆に書いても大丈夫だが、出来るだけ切り抜きたい部分に正確に添うようにパスポイントを追加しながら描いてください。

細かい部分はCtrlキーを押しながら + (プラス)キーを押して画面を拡大し、作業しやすい画面サイズに切り替えながら作業を進めます。

画面表示を縮小するには、Ctrlキーを押しながら - (マイナス)キーで、表示画面を縮小できます。

パスでカーブを描く

5.■カーブを描くときは、パスポイントを追加する時にマウスを左クリックしたままドラッグさせ、カーブに沿うように描きます。

失敗したときはCtrlキー + Zキーで一つ前の作業に戻るか、Ctrlキーを押しながら修正したい箇所をドラッグしてパスポイントを修正ください。

.

パスの方向修正

6.■パスの方向修正を事前にしたいときは、Altキーを押しながらマウスの左ボタンをドラッグし操作する事で可能になります。

.

パスを閉じる

7.■きれいにパスが書けたらパスを閉じます。

パスの起点にマウスを当てると、画像のようにペンツールの右側に白い○印が現れるので左クリックするとパスは閉じられます。

.

パスを選択範囲として読み込む

パスの境界線

8.■パスの境界線を書きます。

8-1 レイヤーパレットから、パスパレットに切り替えます。

8-2 パレットの一番下にあるパスを選択範囲として読み込むボタンを左クリックすします。

.

レイヤーパレットに切り替える

9.■レイヤーパレットに切り替えると、左画像のようにパスが選択範囲に切り替わります。

このまま使用しても良いですが、合成させたときに不自然なので、輪郭を若干ぼかします。

今回は2px拡張し、輪郭を1pxぼかしているのでその手順になります。

9-1 選択範囲 ⇒ 選択範囲を変更 ⇒ 拡張の順にクリックします。

9-2 拡張量( pixel)を聞いてくるので数値を入力してOKします。

9-3 続いて選択範囲 ⇒ 境界をぼかすの順にクリック

9-4 最後にぼかしたい半径の数値( pixel)を入力してOKします。

選択した範囲をコピーする

選択範囲のコピー

10-1 レイヤーパレットで背景を選択します。
このときパスで作成したシェイプが選択されていると画像をコピーできません。

10-2 Ctrlキー + Cキーでコピーするか、編集 ⇒ コピー(C)で選択範囲内の画像をコピーする。

10-3 Ctrlキー + Vキーでコピーした画像をペースト(貼り付け)する。
(もしくは、編集タブ ⇒ ペースト(P)でもペーストできます)

.

レイヤーの非表示

選択範囲をペーストすると、レイヤーパレットは左の画像のように表示されるはずです。

画面のように、背景画像(一番下になっている画像)のレイヤーを非表示にします。

(目玉マークのボタンを左クリックして消す)

.

切り抜き後

一番下の背景月の画像を非表示にすると、左サンプル画像のように表示されるはずである。

後はこの画像をPremiereやAfterEffectsにこの部分のレイヤーを読み込めばよい。

※くれぐれも総合した画像として読み込まないように!

レイヤー別、またはコンポジションとして読み込んでください

.


ペンツールを使用した画像の切り抜きに関連したエントリー
フォトショップのpenツール(penツール)を用いた、背景の切り抜き方法です。ビデオ編集では多く用いられるテクニックになります。

ノンリニア編集ソフトで静止画出力した画像のインターレースを解除する手順です。通常のNTSCビデオを静止画で出力すると、走査線の後がギザギザになっているのを解除できます。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.