ノンリニア編集マニュアル リファレンス・オブ・ノンリニア

RAID構成でノンリニア編集をより快適にする

RAID構成でノンリニア編集をより快適にするについて

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

ノンリニア編集機で使用するハードディスクのRAID構成についての説明です。ノンリニア編集ではRAID 0と言うストライピングRAID構成を使用して、データの読み込み書き込みを高速化します。

RAID構成でノンリニア編集をより快適にする

近年ではハードディスクドライブも大容量化されてきて、中には1基で1TB(テラバイト)などと言う、数年前では考えられないほどの大容量ドライブも登場してきた。

動画のファイルは元々容量を食うので有り難い存在である。

しかしながら動画のファイルもHDV形式をより多く扱うようになり、それに伴いファイル容量も大きくなってきているのも現状である。

そこで登場するのがRAIDドライブ構成である。

しかし一口にRAIDドライブと言っても、RAID構成にはRAID0~6までの構成があり、用途もそれぞれ違う。

RAID 0 (ストライピング)

ノンリニアで使用するRAID構成は、ストライピングと言われるRAID 0である。

RAID 0 ストライピング

ストライピング(RAID 0)とは、複数(最低2台)のHDDを1つのドライブとして使用し、

データを左図のように効率よく取り込んでいく構成のことである。

ストライピングRAIDの最大の特徴は、データへのアクセススピードが速いということ。

ドライブの数が増えると比例して総容量も増え、アクセススピードも速くなる。

アクセススピードが重要であるノンリニア編集にとってはうってつけの構成とも言える。

欠点としては、構成している中の1つのドライブが破損すると全てのデータが消失すると言う所。

ドライブの性能や使用頻度にもよるが、私のところを例に挙げると、凡そ2年程度でHDDは破損すると思っていただいたほうが良い。

ちなみに私の所の使用頻度は、1日平均15時間毎日フル稼働している状態。
この状態で2年で破損なので、かなり持っている方だと思う。
もちろんHDD、マシンのケース、CPUやVGAの冷却対策もしっかりやっている状態での話である。

RAID 1 ミラーリング

ついでなのでミラーリングと言われるRAID 1とはどんなものかと言うと、

RAID 1 ミラーリング

左画像で図解したように、複数のハードディスクに同じデータを同時に書き込んでいくRAID構成になる。

これはサーバーなどで使用される構成で、同じデータを同時に複数のHDDに書き込む事で、データの保護を狙ったものになる。

図ではHDD-1 HDD-2の2基のHDDを使用した例だが、例えばHDD-1が破損したとしても、全く同じデータがHDD-2に保存されているので、データは常に保護されていると言う利点があるため、多くのサーバーで利用されている。

短所としては、500GBのHDDを2台使用しても6台使用してもHDDの総容量は500GBとなり、

また、500GBと320GBのHDDをミラーリングとして使用した場合は、容量の小さいドライブの容量に依存して320GBドライブとして認識され、余った領域は使用できない。

そのほかRAID 1+0やRAID 0+1などのRAID 0とRAID1を組み合わせた構成や、RAID4やRAID5のようなパリティドライブなどもあるがここはノンリニア編集のサイトであるので説明は割愛する。

また、RAIDにもハードウエアRAIDとソフトウエアRAIDがあるが大まかな機能は同じだと思っていただいて良い。

大きな違いは、ソフトウエアRAIDがCPUに負担をかけるのに対し、ハードウエアRAIDはCPUに負担をかけないという点。
要するに、昨今の編集用アプリケーションはUPUに依存するものも多いので、CPUに負担をかけないハードウエアRAIDを使用した方がコマ落ちなどのトラブルも少ない(というか私は経験したことがない)と言う事になる。

Promise S-ATA300 RAID Card FASTTRAKSX4300 PCI-X

左はRAIDカードで最も世界的に定評のあるPromise社製の S-ATA300 RAID Card FASTTRAKSX4300 PCI-X

64bit-133MHz PCI-X(Low-Profile)対応で、S-ATA300 のHDDを4基まで接続可能。

RAID0 / 1 / 5 / 10 JBODまで対応している。

最近では(2008年12月現在)1基のHDDで1.5TB(1500GB)もあるものも出ているので、RAID0で4基接続すれば6TBの大容量になるので、HDV編集にもかなり余裕が出来る。

と言うか、6TBものデータ量を溜め込んで編集するのは怖い気がするが...(苦笑)

設定は各ハードウエア、ソフトウエアによって違いが有るので、各メーカーのマニュアルに沿って設定してくださいね!


RAID構成でノンリニア編集をより快適にするに関連したエントリー
ノンリニア映像編集用マシンに本当にRAIDドライブ構成は必要なのか?と言うよりあなたはどの程度の編集を行なうのか?よく考えてから編集マシンを構築すると良いですよ!

ノンリニア編集機で使用するハードディスクのRAID構成についての説明です。ノンリニア編集ではRAID 0と言うストライピングRAID構成を使用して、データの読み込み書き込みを高速化します。

Premiereのプロジェクトファイル(.prproj)の探し方、及びWindowsの基本操作(検索機能)と保存先に関して。

初心者が陥りやすいノンリニア動画編集用アプリケーションの選択ミスとトラブルについて。

PremierePRO1.5オーディオエフェクト中の、【右チャンネルへ振る】【左チャンネルへ振る】の二つは、実は日本語訳が間違って逆になっていたりする。。。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.