映像編集用マシンのRAID構成についてについて

<<<前の操作手順へ |

ノンリニア映像編集用マシンに本当にRAIDドライブ構成は必要なのか?と言うよりあなたはどの程度の編集を行なうのか?よく考えてから編集マシンを構築すると良いですよ!

映像編集用マシンのRAID構成について

ここ最近記事を全く更新していなかったにもかかわらず、何故かノンリニアマシンのRAID構成についてお問い合わせが数件立て続けにありましたのでネタとして使わせていただきますf^^;

ご質問を下さった方は文章を見る限り素人さんだと思われます(多分)
質問内容で同じ点は、

「ノンリニア編集をやろうと思っていますが、RAIDドライブは構築した方が良いのでしょうか?」

と言う所。

えぇっと。。。
必要だと言えば必要ですし、必要ないといえば全く必要ない。

その前にご質問を下さるのなら、せめてマシンスペックと使用アプリケーション、そして編集しようとしている素材と編集内容は最低でも書いて欲しいものです。ハイ。。。

高性能マシンは高度な編集が出来るとは言えない

チョット厳しい事を言わせて頂きますと、素人さんの場合頭デッカチになり過ぎて、余計な情報を集めすぎ、本来の目的である編集作業と言う物を忘れているのではないかと思ったりします。

高性能なマシンと高機能な編集用アプリケーションを使えば良い作品が出来ると勘違いしていませんか?
よく考えて見ましょう。
編集するのは人間の頭の中であって、アプリケーションやマシンが編集してくれるわけではないのです。

と、脱線しましたが、そもそもノンリニア編集をやった事のない方がRAIDドライブをなぜ組みたがるのか、正直私には理解できません。

家庭用ビデオで撮影した動画を、タイトルを入れてチョットしたカット編集と効果をかける程度の作業ならRAIDドライブなど全く必要有りません。

強いて言えばWindowsマシンの場合、3つのドライブを用意して、CドライブにOSとアプリケーション、Dドライブにキャプチャーしたデータと静止画などのデータ、Eドライブを書き出しようのドライブ等のように分ければRAIDは必要ないと思われます。
と言うより、この記事を書いている2010年3月現在、今世の中に出ている高スペックのマシンを使い、簡単な編集作業をするなら、前記したようなドライブ構成の方が快適な場合も有ります。

何のために編集マシンにRAIDドライブを使うのか?

では、どのような時にRAIDドライブ構成が必要になってくるのか?

RAID構成でノンリニア編集をより快適にするの記事にも記した通り、RAIDとは大きく分けてストライピングといわれるRAID-0、ミラーリングと言われるRAID-1があり、それぞれ使用用途も異なります。

一昔前のマシンで、転送速度が間に合わずコマ落ちがしたり、大容量のデータ(長編物)を扱うのにドライブ容量が足りないなどと言うときにRAID-0(ストライピング)構成を使用したりします。

昔は今のように1基で1TBなどという大容量のドライブなど存在しませんでしたから。
そのうえ、転送速度も今より遅かったので、ストライピングすることにより転送速度を上げる事も出来たので、RAID0は重宝されてきました。
但し、ソフトウエアRAIDでは全く意味を成しません(少しは良いだろうけど)。ソフトウエアRAIDはCPUに負担をかけますので、ハードウエアRAIDじゃなきゃそんなに意味がありません。

そうそう、また脱線しますが、以前知人でRAID0構成のWindowsマシンを構築し、OSもRAIDドライブに入れていた人間がいましたが、それではお話になりませんからね!(笑)
せっかっく転送速度を上げても同じドライブでOSとアプリケーションが動き、更に読み込み・書き込みのドライブが同じ所にあるのと同じ現象になりますから。
ようは、1基のドライブでパーテーションを切らずにOS・アプリケーション・データ・書き出しを全てやっているのと一緒って事です。
OSはRAIDドライブと別のドライブに入れてくださいね!

と、話は再び戻り、今度はRAID-1と言われるミラーリングについて。

ミラーリングとは、簡単に言うと同じデータを複数のドライブに同時に書き込んでいくドライブ構成の事。
RAID構成でノンリニア編集をより快適にするの記事に図解が有りますので参照してください。

ノンリニア編集ではどんなときに使用すると良いかと言うと、データの破損を最小限に食い止めると言う事に尽きます。

編集している最中に稀にHDDが破損してデータが救出できない場合があります。
趣味で撮影や編集作業をしている場合であれば、いくら悔しい思いをしても諦める事が出来ますが、仕事で編集作業をしている現場ではそうは行きません。

そのような場合にミラーリング構成をしておけば、片方のドライブが破損しても、もう片方のドライブからデータを救出する事が出来ます。(稀に出来ない場合も有りますが...)
ようは保険みたいなものですので、一般の方には必要は無いでしょう。

とまぁ、私が思った事をダラダラと書いてみましたが、マシンの知識が有ってRAID構成のマシンを作ってみたくなったとか言うのであれば作って楽しんで見るのも良いと思います。
しかし、編集作業をする前からマシンの事で悩むぐらいなら、作品の構成を考えるべきだと私は思います。
マシンスペックが低くて悩むのは別ですがf^^; その場合は新しいマシンを購入してください(笑)
お金があるならノンリニア用に組まれた数十万もするマシンを購入するのも良いでしょうけど、趣味で使用する程度なら、ショップブランドの10万円以内のマシンでも十二分にノンリニア編集は可能です。

どんな素材をどの程度の編集レベルで編集するのか、一度良く頭の中でまとめると良いと思いますよ♪


映像編集用マシンのRAID構成についてに関連したエントリー
ノンリニア映像編集用マシンに本当にRAIDドライブ構成は必要なのか?と言うよりあなたはどの程度の編集を行なうのか?よく考えてから編集マシンを構築すると良いですよ!

ノンリニア編集機で使用するハードディスクのRAID構成についての説明です。ノンリニア編集ではRAID 0と言うストライピングRAID構成を使用して、データの読み込み書き込みを高速化します。

Premiereのプロジェクトファイル(.prproj)の探し方、及びWindowsの基本操作(検索機能)と保存先に関して。

初心者が陥りやすいノンリニア動画編集用アプリケーションの選択ミスとトラブルについて。

PremierePRO1.5オーディオエフェクト中の、【右チャンネルへ振る】【左チャンネルへ振る】の二つは、実は日本語訳が間違って逆になっていたりする。。。


<<<前の操作手順へ |  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.