動画の書き出し(レンダキュー)について

<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>

AfterEffectsでのレンダキューを使用した動画の書き出し手順です。

動画の書き出し(レンダキュー)

AfterEffectsでの動画の書き出しは2通りあります。

ひとつは、ファイルタブ⇒書き出しで書き出しを行う方法。

これはフラッシュビデオ(swf・flv)や、イメージシーケンスなどを書き出すときに使用します。

もうひとつがレンダキューに追加をして書き出す方法。

通常のビデオ書き出しはこちらを使用します。

レンダキューは、ひとつのファイルを様々な設定や形式で書き出す時などにも重宝します。

様々な形式に書き出して、出力結果で最良なものを選択するときに使用できます。

ここの例では一番良く使用される、レンダキューでの書き出して順を解説します。

ファイル書き出しの準備

書き出しの準備

出来上がった動画を書き出す準備をします。

書き出したファイルはPremiereに持っていくのでDV-NTSCで書き出します。

タイムラインウインドウのコンポ1タブを開いておきます。
(違う名前を付けた場合はそれを開く)

編集が終わったタイムラインを選択してそのまま書き出しても良いのですが、経験上、一旦ネスト化してから書き出した方が、スムーズに行える気がします。
(気のせいかな?)

プロジェクトウインドウ中にある、Targetコンポ1をタイムラインにドラッグします。
(違う名前にした場合はそれをドラッグする)

レンダキューに追加する

レンダキューに追加

コンポジションタブから、レンダキューに追加をクリックします。

この後、赤枠で示した部分の設定をしていきます。

.

レンダリング設定

レンダリング設定

まずは最良設定をクリックします。
(左のようなレンダリング設定画面になります)

フィールドレンダリングは、通常のNTSCビデオは偶数にします。
プログレッシブスキャンにする場合はフィールドレンダリング=オフにします。

周期は、ワークエリアをおかしな設定にしていない限りワークエリアのみにします。

フレームレートはNTSCの場合、29.97になっていればOK をクリック。

最初のコンポジション設定が間違えていなければこのままでよいはずです。

出力モジュール設定(ロスレス圧縮設定)

出力モジュール設定

レンダキュー画面に戻ったらロスレス圧縮をクリックします。

形式は特殊なcodecを使用していない限り、VideoForWindowsで良い。
Macの場合はQ/TかDVCPROかな?

次いで、形式オプションをクリックすると、左画像のようなビデオ圧縮のウインドウが出る。

ここはDV-NTSCで出力するので、ロスレス圧縮で良い。

サードパーティー製のキャプチャーカードなどでキャプチャーした場合はそのCodecを選択する。
(canopus codecとか)

音声を使用する場合はオーディオ出力にチェックを入れ、出力周波数を指定する。

.

ファイル出力先の設定

出力先の設定

出力先の設定をします。

ノンリニアでの動画編集の場合、動画のファイルはシステムドライブ(C:)以外に保存するのが原則ですので、出力先はシステムドライブ以外を選択します。

システムドライブに生成すると、転送が間に合わずにコマ落ちする場合があります。

出来るだけ高速なドライブで、出来ればRAID 0 ドライブなら理想です。

保存先を決定し、ファイル名を付けて保存します。

.

レンダリング

レンダリングを行う

保存先とファイル名を指定できたら、レンダリングと書かれた部分をクリックする。

レンダリングが終わると終了音が鳴り、指定した場所に動画が生成されます。

レンダキューは前記したように、ひとつのタイムラインを色々な形式で出力したいときなどまとめてレンダリングが行えます。

まとめてとは言っても、上から順々にレンダリングされるのだが...(笑)

.


動画の書き出し(レンダキュー)に関連したエントリー
AfterEffectsでのレンダキューを使用した動画の書き出し手順です。

AfterEffectsのマスクツールを使用し、マスクシェイプでワイプ効果のようなこうかを付ける手順。

AfterEffectsの効果、イメージコントロールから色の変更を使って色を変える手順です。

トランスフォームでレイヤーの位置を自由に変える手順

モーショントラッカーの使用手順です。モーショントラッカーは、AfterEffectsのProfessonalバージョンで使える効果になります。Standerdバージョンでは使用できません。Standerdバージョンでは、時間をかけてトランスフォームを使用して作業するほかありません。


<<<前の操作手順へ | 次の操作手順へ>>>  このページのトップへ
Sponsor
サイト内検索
メニュー一覧
記事一覧
映像編集用マシンのRAID構成について WindowsXP で3GBのメモリをAfter Effects で使用する手順 HDDの回転数とコマ落ちの関係 RAID構成でノンリニア編集をより快適にする プロジェクトファイルの拡張子 ノンリニア編集ソフトについて divxファイルの読み込み PremierePRO1.5オーディオエフェクトのバグ PremierePROで強制終了が頻繁に起きる場合の対処 reverb6.dll で起動出来ない現象 PremierePRO起動障害 ペンツールを使用した画像の切り抜き 静止画のインターレース解除 静止画の出力 タイトルにブラー効果を適用する テロップのモーション効果 テロップの作成手順 トランジション-ディゾルブの適用 レンズフレア効果の適用 トリミングとオーバーレイ ブラックビデオと動画の配置 素材の読み込み方法 IEEE1394を使ったDV機器からのキャプチャー手順 動画の取り込み準備 素材の準備(静止画素材) PremierePROの起動 扱えるファイルの形式 PremierePRO編集前の設定(再生設定) 動画の書き出し(レンダキュー) マスクシェイプの使用手順 イメージコントロールの使用手順 トランスフォーム 位置 モーショントラッカーの使用手順 トランスフォーム(回転) グロー効果の適用手順 テキストアニメーターの使用手順 文字レイヤー マスクツールの使用手順 平面レイヤー 素材の読み込み コンポジションの作成 BGMに合わせたビデオの作成 AfterEffectsの起動手順 Windows Media Videoの書き出し ワークエリアとレンダリング 本編の編集 フェードアウト(白フェード) モーション設定-その4 モーション設定-その3 モーション設定-その2 ビデオトラックの追加 モーション 回転の適用 モーションの適用 テロップの効果(ブラー) Photoshopで作成したテロップの挿入と合成 ラバーバンドとトランジションの使用手順 素材の読み込みとタイムラインへの配置手順 オーディオの書き出し 音声(BGM)の編集 カラーマットの挿入(白マット) Premiere6.5の起動 Premiere6.5操作パネルの名称

Copyright(C) 2003-2010 www.editors-labo.net Allrights reserved.